葬詩(妖精帝國)

妖精帝國のアルバム『PAX VESANIA』に収録されている楽曲です。
誰にも終わりは訪れる 悲しむ事など無いと
小さな声で励ます笑顔 少しずつ少しずつ
あぁ薄れて もう見えなくて

天に続く虹を君は渡れるだろうか
振り返らぬまま目の前の道を 真っ直ぐに歩いてゆけ
そう僕がいなくても ただ1人で逝くんだ

独りは怖いと呟いて 眠れぬ夜を過ごした
小さな指が虚空に彷徨う 掌に舞い落ちた
花びらが 擦り抜けてゆく

天の森の何処か日射しがそそぐ場所
一輪あると言う君の名の花が 真っ白に咲いたなら
もう僕がいなくても ただ1人で逝ける

あぁ思い出は消えて あぁ僕を忘れても
君は笑っている 空に架かる虹の向こうで

天に続く虹を君は渡れるだろうか
振り返らぬまま目の前の道を 真っ直ぐに歩いてゆけ
そう僕がいなくても ただ1人で逝くんだ
もう僕がいなくても ただ1人で逝くんだ

誰にも終わりは訪れる 悲しむ事など無いと
小さな声で励ます笑顔 消えてゆく残り香に
あぁ涙が 止まらなくて
これを気に入ったあなたにオススメの曲・関連した曲
この曲に関連した商品
[CD]
PAX VESANIA
妖精帝國
  • Amazon.co.jpで購入
  • [Blu-ray]
    第六回公式式典ツアー
    PAX VESANIA TOUR LIVE
  • Amazon.co.jpで購入
  • Last Update by
    これらのランキングに参加中ですので、是非クリックお願いします
    カテゴリ:アニメ系 | コメント(0) | トラックバック(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    この記事にはまだコメントがありません。
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。