玉響蛍(中恵光城)

ABSOLUTE CASTAWAYのアルバム『喫茶りどる』に収録されている楽曲です。
ちなみに曲名は「たまゆらほたる」と読みます。
ほ ほ ほたるこい
ほ ほ ほたるこい
ほ ほ ほたるこい

盛者必衰 永久は何処にもありません
命でさえも 瞬いた途端に消えるもの
贄を捧げて 厄を遠ざける村儀式
蓋を開ければ 醜い厄介払いでしょう

玉響 ゆらゆら 揺れて 穢れ知らぬ蛍は
玉響 ゆらゆら 揺れて 淡く命燃やして
ほ ほ ほたるこい

見知らぬ者に玩ばれる前に
私のようになってしまう前に
誰も居ない闇へと消えてしまいなさい
見えない声に四肢を絡ませて
ほ ほ ほたるこい

佳人薄命 誰もが哀れみを嘯き
病の果てに 尊い贄へと仕立て上げる
皆口々に 全ては世の為人の為と
素知らぬ振りで 小さきものを踏み躙る

玉響 ゆらゆら 揺れて 穢れ知らぬ蛍は
玉響 ゆらゆら 揺れて 望み崇めるならば
ほ ほ ほたるこい

その契りは 嗚呼 今宵壊してしまおう
私のような蛍はもう要らない
自らあの闇へと消えてしまえばいい
牡丹は散った 余韻も残さずに
ほ ほ ほたるこい

あなた方が求めているものは、都合の良い人形ひとがた、
そんなにも、この蛍を崇めたいですか?
綺麗ごとを並べ、そんなにも無垢な振りをなさりたいのですか?
鬼より、あやかしよりも、何よりヒトこそが恐ろしくおぞましいモノ、
分かりませんか?
ならば、私があなた方の正体を、この村に巣食う醜い姿を曝け出しましょう

ほら、この私のどこが、穢れのない贄でありましょう?
ほ ほ ほたるこい

哀れみの視線は悪意へと変わる
握りつぶした蛍は私自身
鬼の住まう闇へと放る人々が
どんなものより 狂気に満ちていた
空蝉の鬼 名付けて然るべし
ほ ほ ほたるこい
ほ ほ ほたるこい
これを気に入ったあなたにオススメの曲・関連した曲
この曲に関連した商品
[CD]
喫茶りどる
ABSOLUTE CASTAWAY
  • Amazon.co.jpで購入
  • 楽天市場で購入
  • Last Update by
    これらのランキングに参加中ですので、是非クリックお願いします
    カテゴリ:同人系 | コメント(0) | トラックバック(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    この記事にはまだコメントがありません。
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。